エイジングケア世代の美容と健康について

HAPPY AGING

糖類

アガベシロップの副作用について安全性の検証と2つの問題点。

更新日:




血糖コントロールのために、お料理や飲み物に安心して使用できるGI値の低い甘味料は幾つかあります。

例えば、羅漢果とか、エリスリトール、ステビアなどがそうです。アガベシロップも低GI値の甘味料です。

味にクセがなく使いやすいので、以前はアメリカのローフーディストたちやマクロビオティックの実践者などの間で、ヘルシーな甘味料として評価されていたんです。

アガベシロップはGI値が低く健康志向の人々に人気

アガベシロップは、竜舌蘭というテキーラの原料と同じサボテンの株を煮詰めて作られた甘味料です。

GI値がわずかに21と低く、血糖値を急激に上昇させるリスクが低いので、体に優しい甘味料と言われていたのです。

数年前までは健康によいと思われていたアガベシロップですが、アメリカでは2010年頃から、アガベによる健康障害についての研究結果が発表されるようになったんですね。

実はそんなに安全じゃないんじゃないか?と言われだしたわけです。

アガベシロップの副作用-糖尿病の人は要注意

アメリカの政府認定機関が行った、糖尿病患者を被験者とした実験で、アガベシロップによる副作用が観察されたからなんです。

糖尿患者のアガベシロップ使用の安全性をテストする実験の途中で、被験者の体調に好ましくない変化が見られたので、実験は打ち切られたのです。

アガベシロップには果糖であるフルクトースが80%も含まれています。果糖がとても多いということは、糖化を起こしやすいということ。

GI値が低いというメリットはあっても、フルクトース値が高いため、糖化という点で考えると、あまり良くないんじゃないかと。

たしかに果糖は、血中ではほとんど分解されないので、血糖値が上がりにくいという利点があリます。

ですが、肝臓に達してから全て消化吸収されるので、肝臓への負担が非常に大きいのです。

消化されにくいフルクトースが高濃度で、しかもダイレクトに肝臓に達するので、肝臓が詰まってしまい、脂肪がつきやすくなるそうなんです。

アガベシロップの主成分である果糖は糖化をおこしやすい

しかもフルクトースは毒性の強いAGEs(終末糖化産物)を、ブドウ糖の10倍も発生させます。

先ほどの実験を例にとれば、糖尿病の人は体内に糖が多いんで、すでに糖化しやすいところへ、アガベを使ったら数値が悪くなったというわけです。

ブドウ糖と比較して10倍ですよ。

ブドウ糖は血糖値が上がりやすいので糖化しやすいと言われています。でも果糖はGI値が低いにもかかわらず、10倍も糖化するのです。

エイジングケアには糖化と酸化への対策が肝心です。

果糖に関して調べたり検討した結果、フルクトースは避けたほうがいいという考えに至りました。

糖化したタンパク質であるAGESは、細胞にダメージを与え、糖尿の合併症や老化、高血圧、認知症、ガン、動脈硬化などを招く原因になるといわれているのです。

やっぱり糖化の恐さを考えると、果糖は選択肢から外れると思います。

アガベシロップの品質管理に問題あり

さらに問題なのは、アガベの多くは発展途上国で生産されてる点。

残念なことに品質管理があまり良くなくて、出回っているアガベシロップの品質に問題がある物が多いと言われてます。

100%アガベシロップと言うのはかなりまれで、加工の際に様々な食品添加物や他の糖分が混ぜられているとか。

それだと何が入ってるかわからないので、正しく評価できないですし、アガベシロップを安心だと言えないと思うのです。

製造や管理のしっかりした環境があるのなら安心なんですけどね。

そのあたりのことは、私たち消費者は把握しきれない事なので。

そんなわけで、アメリカでもすでに体に優しい甘味料という評価はされなくなっているのだそうです。

糖化しずらい甘味料を使ったほうが体にやさしい

アガベシロップのマイナス面について、まだ日本ではあまり浸透してなくて。

というよりアガベシロップじたい、糖質にこだわる健康志向の人以外、そこまで浸透していないんですけど。

うちの近所の普通のスーパーじゃ売ってないですからね、ネットじゃないと。

わたしも最初は、夢の糖質出現だ!って思いました。これでスィーツ作って食べまくるぞ!って。

でもとても糖化しやすい性質を持ってるんで、砂糖よりまずいんじゃないかという結論に。

フルクトースの含有量が低い商品もあるらしいので、そんなアガベシロップが手に入ればなあって思うんですけど。

なので私はアガベは使わなくなりました。

アガベは血糖値は上げないけれど、結局肝臓に負担をかけて、しかも太りやすい。人工甘味料とにたような欠点がありますね。

人工甘味料はカロリーは低いけど、代謝されにくくて、結局は太りやすくなる。

甘味料を使うなら、羅漢果やエリスリトール、ステビア、みりんなどがおすすめです。もしくはメープルシロップ、米飴、はちみつあたりが体にやさしいと思います。

果糖はおすすめしませんが、フルーツの果糖は別と考えて大丈夫だそうです。物繊維のおかげで、ダイレクトに肝臓に達するのではないと言われています。

糖化も起きにくいし、ビタミンや酵素がとれるので、食べ過ぎなければ利点が多いですし。

アガベは、健康志向の方たちに高評価ですが、そんなに体にやさしいわけでもないらしいですよ。



-糖類
-

Copyright© HAPPY AGING , 2022 All Rights Reserved.